弁護士の力を借りてネット誹謗中傷対策をしよう

弁護士

周りの人と仲良く付き合っていても、知らない間に悪い情報が流れていることは少なくありません。
噂や人の悪口は広まることが多いため、自分の知らないところで様々な情報が追加されていることもあるでしょう。
正しい情報が広まるといいのですが、間違った情報が増えてしまうと、間違いを正すのも難しくなります。
もし、自分では間違った情報を正すのが難しいなら、専門家の力を借りることも考えてください。
個人では難しいことでも、プロの力を借りると意外と簡単に解決できることが少なくありません。
間違った情報で苦しまないためにも、正しい情報が広がる努力をした方がいいでしょう。
世間話の延長で、インターネットで様々な情報を発信する人もいます。
他の人に知られても問題ないことならいいのですが、仕事や家族へ悪い影響が出てくると心配です。
悪意のない人の情報が原因で、自分たちが傷つくことも珍しくありません。
自分や家族を守るためにも、インターネット上での人付き合いにも気をつける必要があるでしょう。
通常の付き合いと違い、インターネット上では相手の顔が分からないことが多いため、ネット誹謗中傷対策が難しいことが多いです。
個人の力では相手の悪意等に対処できないため、インターネット上の誹謗中傷に強い弁護士の力を借りてください。
同じ弁護士でも、インターネットが苦手な人もいます。
早く結果を出したいなら、ネット誹謗中傷対策を専門にしている専門家に頼んだ方がいいでしょう。
気をつけて周りの人と付き合っても、何らかの悪意によって攻撃されることは少なくありません。
自分の名誉や家族を守るためにも、できるだけ誹謗中傷されないように生きるように心がけてください。
どうしても自分の力では対応できないなら、プロのサポートを得た方がいいかもしれません。
個人で対応しようとすると、余計悪化することもあります。
自分には難しいと感じたら、最初から専門家に任せるのもいいかもしれません。

Continue Reading

経営コンサルティングという資格は存在しない

よく経営コンサルティング会社に勤務することを希望する人は、経営コンサルタントの資格を取得したいと考えているようですが、実際には経営コンサルティングや経営コンサルタントという資格は存在していません。よって経営コンサルティング関連の仕事に就く場合には無資格で問題なのかというと、無資格でも仕事はできるのですが、やはり信頼度が無資格では全く無いと言えるでしょう。
ではどのような対策をするべきなのかというと、経営コンサルティング関連の資格を取得すればよいのです。経営コンサルティング関連の資格というと、経営士と中小企業診断士の2つになるのですが、経営コンサルティング会社を経営している人の多くが取得している資格となっています。
ただし、どちらの資格も取得するのが難しくなっているので、そう簡単に取れる資格ではありませんが、だからこそ持っているとかなり信頼性が高まりますし、この人は経営コンサルティング関連の知識が豊富だと思われ、多くの人が相談をしに来るのです。

Continue Reading

Eメールを使いこなす

近年ではインターネットの使用が起業する上でも欠かせなくなっているのですが、そんな中でも比較的管理が難しくなっているのがEメールです。会社を経営する場合には、多くの取引先からメールが来るようになるので、いかにEメールをしっかりと管理するのかが重要になります。
個人経営であればそれほど多くのメールが来ることもないので問題ありませんが、法人経営の場合には1日に数十件のメールが来るのは当然ですし、会社の規模が大きくなれば、更にメールの数は増えていくでしょう。そんな時こそフォルダ分けを行い、会社別に分けておくことで管理がかなり楽になります。
また、重要なメールを逃さないように、頻繁にメールをチェックすることも大切なのですが、1人では行えませんので、やはり社員に助けてもらうようになるでしょう。経営コンサルティング会社では、このようなメールの管理方法に関するアドバイスも行っているので、わからない場合には気軽に相談してみることが大切です。

Continue Reading

臨機応変に戦略を立てる

経済は生き物のようなものなので、時と場合によっては思いもよらぬ方向へ向かっていくこともあり、よい方向へ行けば問題は無いのですが、必ずしもよい方向へ行くとは限りません。特に近年では不景気な状態が続いているので、悪い方向へ行ってしまう可能性が強いでしょう。
そんな時でも慌てず騒がず正しい戦略を取れるようにしていかないと、必ず会社経営は躓いてしまうので、企業の成長や経済の状況によってどのように経営方針を変えていくのかを経営コンサルティング会社に相談するのが一般的です。ただし、経営コンサルティング会社もピンからキリまで存在しているので、実績も知識も重ね供えている経営コンサルティング会社を探さなくてはいけません。
経営初心者にとって経営コンサルティング会社というのは、自分の軍師でもあり、パートナーでもあるので、経営コンサルティング会社の選び方で起業が成功するか失敗するかが決まってしまうと言えます。だからこそしっかりと情報収集をしてからどこに依頼するのかを決めるようにしましょう。

Continue Reading

ブログやSNSの悪質コメントについて

個人でブログを開設して、いろいろな日々の出来事を日記代わりに書いている方も多いと思います。SNSで自分の状況を発信している方もおられるでしょう。こうした何気ない出来事を日々書くことで、気持ちを整理したり、考え方を整えることができたりするものです。しかし、そんな楽しみの場であるブログやSNSにある日突然、見ず知らずの人から攻撃的なコメントが入ることがありますよね。芸能人の人などがよくブログが炎上した、といったニュースが出ていますが、ある意味有名人の人はそれが仕事みたいなところもあるので、多少の攻撃的なコメントには慣れっこでしょう。しかし、一般のわたしたちが書いているブログやSNSに突如として攻撃的なコメントが入ってくると驚いてしまうものです。何の関係もない人がなぜこのようなコメントを入れてくるのだろう、と不思議にさえ思うでしょう。しかし、そうしたコメントを入れてくる人というのは相手の反応を待っている部分もあるため、無視していてもしつこく攻撃コメントを入れてくる場合があります。いわゆるネット上での誹謗中傷がそうした仕方で始まることがあるわけです。さて、そのような攻撃的なコメントがしつこくくるような場合、どうしたらよいのでしょうか。まずは冷静な対応をすることが必要です。相手はあなたが怒るのを待っているわけです。あなたが怒るとそれを面白がってさらに攻撃してくることになりかねません。また、感情的になっているときはわたしたちの側も本来書かないような内容を感情的に書いてしまいがちです。そうした発端となるような内容を書かないためにも冷静な対処は忘れないようにしましょう。そして、自分のこれまでの書いた内容の中に、誰かを感情的にさせてしまうような発端となる内容が含まれていないかを確認してみましょう。そして、その相手の書き込み内容が単なる誹謗中傷なのか、それとも批判なのかを見極める必要があります。この二つにはどのような違いがあるのでしょうか。

Continue Reading

ネット上の誹謗中傷には初期対応が重要

ネット上での中傷、誹謗によって重大な被害を受けた事例としては、スマイリーキクチさんのネット上での誹謗、中傷事件があります。この事件はスマイリーキクチさんが過去の凶悪な殺人事件の関係者であるという、まったくの事実無根の内容がいかにも事実であるかのようにネット上で出回ってしまったという事件です。最初、スマイリーキクチさんはネット上のただのうわさ話程度に思って放っておいたそうです。しかし、一向にネット上でのうわさが止まらないこと、またそうしたうわさを信じてしまった人からの攻撃が始まるようになり、ついに自身のブログを開設して何の根拠もないでたらめの話であることを説明するに至ったとのこと。しかし、逆にブログを開設したことでコメント欄を通して攻撃してくる人が増えてしまうという悪循環に。やがて、芸人として舞台に立つと観客からひそひそ話が聞こえてくるほどになり仕事にも支障が出るようになってしまったのです。ついに警察にも相談するようになり、やがて中傷を繰り返していた犯人が特定されることとなりました。こうした事件の怖いところは、加害者は被害者と面識もなく、何も個人的な恨みもないにもかかわらずこうした中傷行為に加わっていたという点です。スマイリーキクチさんの場合、警察への相談が遅れてしまったことが被害をより重大にしてしまった部分があります。こうした悪質な中傷は犯罪行為に当たるため、できる限り早く警察へ相談することが必要となります。

有名人であれば警察も動くかもしれませんが、一般人の場合、誹謗中傷関係には警察は消極的であるといわれています。その場合、警察ではなくネット誹謗中傷対策では弁護士に相談することで具体的で実際的な対策法を知ることもできます。一般の人の場合、なかなか面識のない人から攻撃の対称にされるということまではないかもしれませんが、それでも大した知り合いでもない人からのいわれのない中傷の被害に遭う、というケースがあります。他の人が中傷していることに便乗して一緒になって攻撃するということも起こりえます。それで、こうした被害の場合、初期対応を間違えないようにすることが非常に大切であることを覚えておきましょう。

また、個人情報が書き込まれているとか、SNSをつかっていじめにあっているなど、問題は情報ツールの進化とともに拡大しています。私たちは、こういった難しい情報の管理をしていく時代になったといえるでしょう。

よって、個人情報をどこまで公開するのか?常に最新の注意を払う必要があるのです。それをつかって悪用する人が現れたり、ストーカーとなって付きまとわれる危険もあるのです。

Continue Reading

ネット世界を悪用する人たち

ネット上だと自分を自由に表現できる、という人たちがいます。もちろんネット上で自分を表現することは決して悪いことではありません。しかし、中には現実世界ではできないこと、言えないことをネットの世界だと表現できる、ということで間違った方向性でネットを活用してしまうことがあります。その一つがネット上での他人に対する誹謗、中傷です。ネット上では自分の素性を知られることなく、他人を攻撃することができるため、その場所を使うのです。匿名だから責任をとらされることもない、罪悪感も感じにくい、ということでネットの世界を悪用する人が増えています。しかし、その反対にネット上での誹謗中傷により、現実世界で非常に大きな影響、迷惑を被っている人が増えていることも忘れてはなりません。ある日、自分の名前を何気なくネット上で検索をかけてみたところ、まったく知らない間に自分に関する悪口がそれも実名で載せられていた、という経験をされたことがあるかもしれません。これは実際問題として起きている事柄です。では、こうした被害にあってしまったときはどうしたら良いのでしょうか。加害者の人はネット上の匿名の世界なので責任を問われることはないと甘く考えているかもしれませんが、この行為はれっきとした犯罪行為になる可能性があります。名誉毀損、信頼毀損といった罪状になることがあるのです。逆に言えば、被害に遭っている人もそのまま泣き寝入りする必要はないのです。では万が一、自分がそのような被害にあった場合はどうしたらよいのでしょうか。まずは法律の専門家である弁護士に相談することができます。弁護士は、今起きている事柄が法律に触れることなのかどうかを判断することができます。場合によっては警察に被害を届けるようアドバイスしてくれるかもしれません。同時に、専門的な対策が必要になるかもしれませんので、現時点で掲載されて広がっている情報をどのように削除するかについても具体的に助けてくれることでしょう。

Continue Reading