2ちゃんねる誹謗中傷の影響力は甚大!弁護士相談が鍵

fotolia_97544708_subscription_monthly_m

2ちゃんねるにおける誹謗中傷とは

2ちゃんねるとは日本で最も有名なネット掲示板です。

ネット掲示板の中でも一番影響力が強く、また匿名性という独自性を持っているのが特徴です。

かつてはアンダーグラウンドな雰囲気が色濃く、一般の利用者が使わないマニア向けのコミュニケーションツールでした。
しかし、最近ではテレビのバラエティ番組やワイドショーでもその名前が連呼されるようになる等、リアルとの結びつきを大変強めています。
かつては一部のネットユーザーだけが半ばこっそりと利用していた2ちゃんねるですが、今では一般の市民も多く閲覧と投稿をしており、普通のSNSに近い存在になりました。
ただ、古参のネットユーザーは2ちゃんねるの文化をよく理解しており、ネットリテラシーを意識した上で利用します。

数あるサイトの中でも、2ちゃんねるは玉石混交が激しい場所であり、そこでしか語られない真実の裏話もあれば、匿名性を悪用した本当に根も葉もない噂や特定の個人を誹謗中傷するために投稿される名誉毀損のメッセージも多数投稿されます。

普通のSNSでもそういったネガティブなメッセージは投稿されますが、2ちゃんねるは匿名性が高く、また閲覧者と伝播する力が強いため、しばしば強い悪意を持つネットユーザーに悪用され、デマの発信基地として用いられてしまいます。

ゆゆしき事に、大手マスメディアが最近では2ちゃんねるに投稿されたメッセージや2ちゃんねるの記事を恣意的にまとめた通称まとめブログ等のコンテンツを、ネタ元にし始めています。

ネット誹謗中傷対策なら弁護士相談を!

今までは言わばネットの世界だけで完結していた2ちゃんねる誹謗中傷のメッセージが、今ではマスメディアの力によってリアルに甚大な悪影響を与え始めています。
ネットリテラシーがある人々であれば、2ちゃんねる誹謗中傷のメッセージの真偽の程を確かめてから行動しますが、ここ最近、ネットを使い始めた若者や高齢者は「嘘の情報を嘘だと感じるスキル」に長けておらず、デマをSNSやブログを介して更に伝播させてしまいます。

自分または自店舗が根も葉もない噂によって誹謗中傷の被害に晒されているなら、ネット誹謗中傷対策は迅速にネットに強い弁護士事務所に相談しましょう。
2ちゃんねる誹謗中傷のメッセージは放置すると、急速にネット上に広がっていきます。
また最近の若者等はまとめブログを新聞やテレビ並に信じ込みやすく、2ちゃんねるに投稿された文章だけを削除申請しても不十分、そこから派生したブログやサイトの方にも同じく削除申請を申し入れなければならず、個人ではまず手に負えないレベルの仕事量になります。
ネットに強い弁護士なら効率よくデマの発生源を特定し、原因サイトに対して削除申請をしてくれます。